自社大工だからできる、 こだわりのある家づくり

「高島工務店」は、自社大工を有した数少ない工務店です。 お客様との打ち合わせ、業者への指示も全て「自社大工」で行うから、 施主様の考えがいつでも的確に伝わります。 これにより、無駄が一切ない家づくりが実現します。

大工一筋35年 家づくりへの想い。

棟梁高島 正夫
今はほとんど見なくなった、和風の家。 最近の住宅は、プレカットで洋風のシンプルなものが多い。 和風より安いし、品質も安定している。 しかし大きな丸桁、格子組、床の間等の和風の家を見ると大工として心が高ぶる。 昭和から平成、令和と時が流れた。 55歳になる今でも、現場で手ノコ、金槌を使った昔ながらの家づくりへの想いは変わらない。

現場勝負の手作りの家が、 大工としての誇りだ。

大工高島 力也
15才の時に大工になった。 最初はミュージシャンになって、大工はすぐに辞めるつもりだった。 現場で寸法を測って、木材を切って、釘で打って家を作る。 そういう流れを繰り返して家づくりを続けるなか、建設の現場は自分にとっては居心地のいい場所となった。 あれから13年近くが過ぎた。 気づけばギターは捨てて、大工道具をたくさん持っていた。 自分たちが建てる家は、現場勝負の手作りの家だ。 施主さんとも気さくに話しながら、大工として家を作る時間が好きだ。